SSブログ

わくわく鉄道フェスタ2024 [撮影日記]

DEL_10_電気機関車_並び - コピー.jpg

5月18日(土)
朝、大宮駅で缶ビールを買い込んで、高崎線グリーン車に乗車、熊谷駅を目指しました。
熊谷駅に赴く目的は、秩父鉄道の広瀬川原車両基地で開催される「わくわく鉄道フェスタ2024」に参加するためです。

昨年の「わくわく鉄道フェスタ2023」では、熊谷駅から広瀬川原車両基地行臨時直通列車に乗車したのですが超激混みだったので、今年は臨時直通列車を利用せずに、ひろせ野鳥の森駅から徒歩で広瀬川原車両基地に向かいました。

イベント開始は10時ですが9時40分頃に広瀬川原車両基地に到着、既にイベント開始を待つ多くの人の列ができていました。

ーーーーーーーーーー

イベントで展示された車両を紹介します。

DEL_10_デキ102_01 - コピー.jpg
デキ102

DEL_10_デキ103_01 - コピー.jpg
デキ103
デキ102・103は1954年製造、現役で活躍する私より年上の数少ない鉄道車両です。

DEL_10_デキ201 - コピー.jpg
デキ201
東京オリンピックの聖火リレー列車を5重連で牽引するため、五輪カラーの黒に塗り替えられました。いつまでこの塗色を纏うのでしょうか。

DEL_10_C58_01 - コピー.jpg
C58363 パレオエクスプレス牽引機
門鉄デフは新鮮に見えます。

撮影の合間に「わくわくグルメマルシェ」で販売されていた、秩父クラフトビールと秩父名物ホルモン焼きで幸せな気分になることができました。

そして正午頃に広瀬川原車両基地をあとにして、ひろせ野鳥の森駅で羽生行の電車に乗車しました。
乗車したのは5000系、元都営地下鉄三田線の6000形です。コルゲートのステンレス車体が昭和を感じさせる、とても好ましい電車です。

DEL_10_秩父鉄道5000系 - コピー.jpg
秩父鉄道5000系

ーーーーーーーーーー

羽生駅で東武伊勢崎線に乗り換えて館林を目指しました。館林に向かう目的は、昨年の「わくわく鉄道フェスタ2023」のあとに立ち寄った「館林駅前商店」で昼飲みするためです。

「館林駅前商店」では、先ず「おすすめ乾杯セット」を注文、生ビールにあじフライ、わさび枝豆で一息つきました。そして和牛レバ刺しと辛口純米酒の黒牛で、更に幸せな気分になることができました。

館林では飲んでばかりではなく、東武8000系(800型、850型)を撮影しました。

DEL_10_東武800型_01 - コピー.jpg
東武800型

DEL_10_東武850型 - コピー.jpg
東武850型

ーーーーーーーーーー

帰路のルートは、東武伊勢崎線で春日部まで、春日部で東武野田線に乗り換えて大宮です。

春日部を経由した理由は、春日部駅の東武野田線のホームにある「東武ラーメン」のラーメンを食べるためです。YouTubeで「東武ラーメン」の人気ぶりを紹介する動画を見て、とても美味しそうなラーメンなので、是非食べてみたいと思っていました。

券売機の前で迷った挙句、見慣れない「天ぷらラーメン」を食べることにしました。昔ながらのあっさりとしたラーメンはとても懐かしい味、美味しかったです。但し、ラーメンに天ぷら(かき揚)はミスマッチだと思いました。かき揚に合うのはやはり日本蕎麦です。次回はノーマル系(?)のラーメンを食してみたいと思います。

ーーーーーーーーーー

天気にも恵まれ、楽しい一日が過ごせました。帰宅して洗面所の鏡の前に立つと、顔がすっかり日焼けしていました。

そして、楽しかった一日を振り返りつつ、冷えたスーパードライで一日を締めくくりました。。。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


RMライブラリー280 私鉄電気機関車の変遷(上) (RM LIBRARY 280)

RMライブラリー280 私鉄電気機関車の変遷(上) (RM LIBRARY 280)

  • 作者: 寺田 裕一
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2023/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



RMライブラリー281 私鉄電気機関車の変遷(下) (RMライブラリーシリーズ)

RMライブラリー281 私鉄電気機関車の変遷(下) (RMライブラリーシリーズ)

  • 作者: 寺田 裕一
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2023/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(239)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー