SSブログ

DCT [つれづれ日記]

DEL_25_シフトレバー - コピー.jpg

二週間ほど前、愛車118i(F20)を法定1年点検に出しました。今の愛車との付き合いは早6年となります。

代車は一年前の車検の時の代車と同じ118i(F40)、まだ車内にビニールが被せられている所や養生テープ(?)が貼られている所のある、おろしたての新車でした。

今回、代車を運転して、昨年には感じなかった強い違和感を覚えました。

ーーーーーーーーーー

2代目1シリーズ(F20)はFR車、118iはトルコンAT8速、3代目1シリーズ(F40)はFF車、118iはDCT (Dual Clutch Transmission)7速です。

一年前に代車(F40)を運転したときは、アイドリングストップのエンジン再始動の際の振動が愛車(F20)に比較して大きいと思いましたが、駆動系、トランスミッションが原因と思われる違和感は感じませんでした。

今回、代車を運転すると渋滞時など、極めて低速で微妙にクルマを動かさなくてはいけない時、運転していて強い違和感(不快感に近い)がありました。違和感は次のようなものです。

・同じようにアクセルを踏んでも(疑似的な)クリープが発生する時と発生しない時がある。
・駆動のオン/オフ(クラッチが繋がる/切れる)でショックがある。クラッチが繋がる時に、一度、驚くほど強いショック(ガタンという音を伴った)があって、思わず追突されたかと後ろを振り返った程でした。
・渋滞時の極めて低速で走行している時のトランスミッションから伝わる(?)微妙な振動とギクシャクする感覚。

ーーーーーーーーーー

私は以前、5代目VWゴルフを購入するクルマの候補としたことがあり、DCT(VWではDSGの呼称)車に試乗したのですが、信号待ちの時などの極めて低速で走行している時、トランスミッションから伝わる振動とギクシャク感が気になるということを、ディーラーの営業マンに話した記憶があります。

それから、12年以上経つのですが、5代目VWゴルフに試乗した時の記憶が甦りました。

ーーーーーーーーーー

昨年、代車を運転した時には、今回のようなトランスミッションの違和感を感じることはありませんでした。クルマの個体差、走行条件の相違によるものかも知れません。また、DCT車の運転に慣れれば、気にならなくなる問題なのかも知れません。

今回、愛車を引き取る時、往路に乗ったDCT車に比べて、復路で乗ったトルコンATの愛車の方が、はるかにスムーズで駆動系、トランスミッションを意識させないことを実感しました。

ーーーーーーーーーー

因みに、私はマニュアル車、トルコンAT車、DCT車、そして純電気自動車(EV)を運転したことがありますが、国産車の主流とも言えるCVT車を運転したことがありません(因みにハイブリッド車(HV)もないです)。

CVT車の運転感覚がどういうものか、大いに興味があるところです。

ディーラーを訪問することは好きではないのですが、機会を見てCVT車に試乗してみたいです。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
タグ:BMW DCT DSG VW
nice!(208)  コメント(18) 

PCトラブル [つれづれ日記]

DEL_25_公園池 - コピー.jpg

2週間ほど前、嫁さんからネット上の料理関係の記事をプリンターで印刷することを頼まれました。

早速、該当記事を印刷しようとしたのですが、印刷できません。因みに、最後にプリンターを使ったのは年末の年賀状印刷、この時は正常に印刷ができました。

印刷時のエラーメッセージは、“プリントスプーラーが起動されていません” といった旨の内容でした。

プリントスプーラーを起動するため、Windows管理ツールからサービスを開いてサービス一覧を表示させると、一瞬だけサービス一覧が表示されるのですが、一覧が落ちて(消えて)しまい、プリントスプーラーを起動することができません。

これが悪夢(?)の始まりでした。

ーーーーーーーーーー

先ずはシャットダウンから再起動しようと、シャットダウンしようとしたのですが、3時間以上たってもシャットダウンできず、やむを得ず電源ボタンで強制シャットダウンしました。

そして再起動、起動するのに数時間かかりました。そして、サインインの画面が出ましたが、パスワードの1文字の入力に20秒近く掛かるあり様でした。

料理関係の記事の印刷はどうでも良いことですが、コロナ禍以降、テレワークで自宅PCを仕事に使っているので、この状態を放置はできません(テレワークは、会社PCとセキュアなリモートデスクトップ接続で行なうので、自宅PCのパワーは殆ど使用しませんが・・・)。

早速、sfcコマンド、DISMコマンドでシステムファイルの修復を試みました。

sfcコマンド、DISMコマンドを実行した結果、PCはサクサク動くようになり、起動、シャットダウンに要する時間もリーズナブルなものになりました。

しかし、サービス一覧の表示が一瞬で落ちてしまう症状は変わらす、プリントスプーラーの起動ができません(GUIでもscコマンドでも同じ症状)。

そこでプリンタードライバーを削除して再インストールしようとしたのですが、何回も削除に失敗しました。結局、理由は不明ですがドライバーの削除には成功しました。しかしプリントスプーラーが動かないためドライバーのインストールは完了しません。

その後、chkdskコマンド、sfcコマンド、DISMコマンドを走らせたのですが、症状は変わりませんでした。

とりあえず、サクサク動くのでテレワークには支障はないのですが、確定申告でプリンターを使用するので早く何とかしなくてはなりません。

ーーーーーーーーーー

先週の金曜日、Windowsをクラウドからダウンロードしてリフレッシュすることにしました。もしも、リフレッシュしても症状が改善されない場合は、新たにPCを購入して現PCのデータを移行する考えでした。

午後7時頃にリフレッシュを開始しました。リフレッシュの進捗状況はパーセント(%)で表示されます。

最初は進捗状況は順調でパーセント表示がカウントアップされて行きましたが、午後9時ごろに74%になってから全く進まなくなりました。日付が変わり土曜日の午前0時頃まで、時折、PCのディスプレイを確認していたのですが74%のままです。

そんなわけで、明日、どこでPCを購入しようかと考えながら就寝しました。新しいPCを買って、開梱、機器接続、アカウント設定、メールソフト設定、ドライバーやアプリのインストール、データ移行、一連の気が遠くなるくらい面倒くさい作業を想像して、とても憂鬱な気分で眠りにつきました。

ーーーーーーーーーー

午前3時頃、目が覚めてPCのディスプレイを確認すると88%になっていました。これは、まだ望みがある(?)かも知れないと、少しばかり希望の光が見えた気分になって、再び眠りにつきました。

ーーーーーーーーーー

午前7時頃に起床、リフレッシュは幸運にも(?)完了していました。

先ずは、キヤノンのサイトからプリンタードライバーをインストール、インストールは成功してプリンターが使えるようになりました。

メールソフトの設定は、とりあえずMicrosoftアカウントに紐づいたメールアドレスのみ設定、受信したメール自体はリフレッシュなので残っています。

アプリは「筆まめ」と「Digital Photo Professional」をインストールしていたのですが、「筆まめ」は年末まで使わないので「Digital Photo Professional」のみキヤノンのサイトからインストールしました。

これで、当面、不自由なくPCが使えるようになり、悪夢から覚めることができました。

ーーーーーーーーーー

会社でPCに問題があるときは、組織内のPC管理者に「何とかしてよ!」と言えば、何とかしてくれるのですが、自宅PCでは自分で何とかしなくてはなりません。

私はPCを弄ることが大嫌いで、今回のような問題が発生すると、大きなストレスになります。

今回は何とか解決できたのですが、この先、問題が起きず、ストレスの種にならないことを祈るばかりです。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(166)  コメント(32)