SSブログ

25年後に会いましょう [つれづれ日記]

DEL_15_ツイン・ピークス1 - コピー.jpg

6年前にブログで「ツイン・ピークス」の続編に対する期待について記しました(↓)
https://shibatetsu.blog.ss-blog.jp/2015-05-29

「ツイン・ピークス」は1990年代以降で私が最も熱を上げたテレビドラマでした。このドラマの空気感、妖しさに惹き付けられました。

その続編、「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」を今回初めて観ました。

「ツインピークス」の「序章」、「ファースト・シーズン」、「セカンド・シーズン」、そして「リミテッド・イベント・シリーズ」が収録された廉価版の Blu-ray が発売されたので、「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」を観ようと思った次第です。

購入したのは今年の3月で、3か月を掛けて「オリジナル・シリーズ」の「序章」、「ファースト・シーズン」、「セカンド・シーズン」の全30章を先ず観ました。テレビ放映を録画したりして何回も観ているのですが、改めて通して観ると、細かい部分で忘れているところ、新たな発見もあり、とても楽しむことができました。特に「序章」と「第29章」の空気感、私にはとても魅力的なものです。

ーーーーーーーーーー

そして、満を持して(?)観た「リミテッド・イベント・シリーズ」、2週間ほどの期間をかけて Part 1からPart 18 を観ました。

正直、観終わって、頭の中が混乱しました。登場人物の多さ、人間関係の複雑さはオリジナル・シリーズ以上で、すんなりとは理解できません。「赤い部屋」以外の異空間(?)での出来事、核実験の描写など時系列を飛び越えて目まぐるしく展開するストーリー、極めて難解だと感じました。25年前にローラがクーパーの耳元で囁いた通り、25年後にクーパーとローラは会うことはできましたが・・・

「リミテッド・イベント・シリーズ」には「オリジナル・シリーズ」の空気感、妖しさ、情緒は感じられませんでした。そこを期待した私には期待外れでもありました。しかし、各Partで描かれた映像には強く惹かれるものがありました。

「オリジナル・シリーズ」はストーリー、人物描写に面白さがあったと思いますが、「リミテッド・イベント・シリーズ」は映像そのものに特異な魅力、面白さを感じました。

ーーーーーーーーーー

「リミテッド・イベント・シリーズ」を一通り見終わって、「オリジナル・シリーズ」との繋がりが今一つ解りませんでした。そして、それには欠けているピーズがあることに気付きました。

欠けているピースは映画「Twin Peaks:Fire Walk with Me」(邦題:ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間)です。「Twin Peaks:Fire Walk with Me」はテレビ放映されたときに一度観ていますが、残念ながらほとんど記憶には残っていませんでした。

しかし、「Twin Peaks:Fire Walk with Me」が「オリジナル・シリーズ」と「リミテッド・イベント・シリーズ」の繋がりのヒントであることを認識して、最近、「Twin Peaks:Fire Walk with Me」の Blu-ray を購入して観ました。そして、青いバラ、ローラの破られた日記、フィリップ・ジェフリーズなど「リミテッド・イベント・シリーズ」の謎を解明する糸口は得ることができました。

ーーーーーーーーーー

「リミテッド・イベント・シリーズ」の Part1~18 は唯一 Part8 を見直しただけで、他は一度観ただけです。Part8 はボブとローラの誕生(?)を描いた、あまりにも衝撃的な映像だったので見直しました。

欠けているピース、「Twin Peaks:Fire Walk with Me」を観終わって、改めて「リミテッド・イベント・シリーズ」を Part1~18 を順番に観て行こうと考えています。

あまりに謎の多い、不可解過ぎる作品ですが、納得がいくまで観て、自分なりに「リミテッド・イベント・シリーズ」の謎を解明できるところに、辿り着きたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


ツイン・ピークス Blu-ray ザ・テレビジョン・コレクション

ツイン・ピークス Blu-ray ザ・テレビジョン・コレクション

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2020/02/27
  • メディア: Blu-ray



ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [Blu-ray]

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: Blu-ray


nice!(175)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 175

コメント 10

Cedar

実はこのシリーズ再見というのも、例のイベント期間中TVとPC見ないためのコンテンツ候補のひとつ(実は購入済)です。貴兄のように2週間かけて観れたらちょうどいいですね~オリジナルのムードに魅了されて仕事で渡米中、時間作ってロケ地に行ってみたりしたのも、懐かしい思い出です。
チェリーパイ食べながら楽しみたいと思います。
by Cedar (2021-07-20 00:01) 

こんちゃん

知り合いがみんなに面白いよと言ってたことを思い出しました。
それで観たのですが、複雑すぎて全く理解出来ず断念しました。
by こんちゃん (2021-07-20 06:16) 

芝浦鉄親父

Cedarさま、おはようございます。
ロケ地に行かれたとは、羨ましい限りです。グレートノーザンホテルに宿泊してみたいです。オードリーに会えるかな?
「リミテッド・イベント・シリーズ」でもチェリーパイとコーヒーがふんだんに登場します。
これでもかというくらいケチのついた「例のイベント」より、格段に楽しめること間違いないです。。。
by 芝浦鉄親父 (2021-07-20 08:24) 

芝浦鉄親父

こんちゃん様、こんにちは。
この複雑さゆえに、面白いのかも知れません。
すんなりと理解できないところが、「ツイン・ピークス」の魅力とも思えます。。。
by 芝浦鉄親父 (2021-07-20 12:16) 

青い森のヨッチン

ツインピークス、当時は大ブームになりましたが自分は見ていませんね
ドーナツかなんか流行ったような記憶がありますが違ったかな?
by 青い森のヨッチン (2021-07-20 14:14) 

芝浦鉄親父

青い森のヨッチンさま、こんばんは。
私は序章(Pilot)を観て、瞬時に「ツイン・ピークス」にハマってしまいました。このドラマの空気感は堪らないです。
ドーナツ、チェリーパイ、ブラックコーヒー、どれも「ツイン・ピークス」には欠かせません。。。
by 芝浦鉄親父 (2021-07-20 17:11) 

たぃ

私もハマりましたが、難解でよく分からなかったことを覚えています
あの雰囲気、ゾクゾク感がたまりませんでした
by たぃ (2021-07-20 19:39) 

芝浦鉄親父

たぃ様、こんばんは。
おっしゃる通り、この雰囲気、ゾクゾク感はたまりませんね。
難解さ、不可解さも「ツイン・ピークス」の魅力かも知れません。。。
by 芝浦鉄親父 (2021-07-20 20:53) 

ミケシマ

タイトルだけは知っています…が、みたことはないです。
映画だと思っていたらドラマなんですね。
しかも内容が難しそう…でもちょっとみてみたい気がします(*^^*)
by ミケシマ (2021-07-21 11:54) 

芝浦鉄親父

ミケシマさま、こんにちは。
ツイン・ピークス、「オリジナル・シリーズ」は1990~91の米TV
ドラマ、「Fire Walk with Me」は1992年の米仏映画、「リミテッド・イベント・シリーズ」は2017年の米CATVドラマです。
もし、観られるのでしたら、必ず「オリジナル・シリーズ」の序章から順番に観てください。
観るのには、それなりの覚悟が必要かも知れません。もしも、ツイン・ピークスの怪しい、妖しい世界にハマってしまうと抜け出せなくなるかも(?)。。。
by 芝浦鉄親父 (2021-07-21 12:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。