So-net無料ブログ作成

令和初撮影記(京阪電鉄編) [撮影日記]

DEL_15_京阪2600系_02 - コピー.jpg

私は、私鉄の通勤形電車が大好きです。

関東の私鉄の通勤形電車は世代交代により画一化が進み、あまり興味を惹かれなくなりましたが、私鉄大国関西の通勤形電車は個性的で、旧い車両が綺麗に整備され現役で活躍を続けていて、ファンとして興味深いものがあります。

----------

バラエティ豊かな通勤形電車が走る京阪電鉄には、とても惹かれるものがあります。

しかし、大阪に来てから足繁く撮影に訪れた私鉄は、近鉄、南海、阪急で、何故か京阪を今まであまり訪れたことはありませんでした。

蹴上インクライン訪問の復路、私が大好きな5000系以前の通勤形電車を撮影することを目論みました。

がらりとイメージチェンジした、6000系以降の通勤形電車も個性的ですが、私の眼には近代的、現代的に映りすぎて、電車らしさ(?)が足りないように思えてしまいます。

DEL_15_京阪1000系_ - コピー.jpg
1000系
吊り掛け駆動の700系の車体を流用して誕生しました。

DEL_15_京阪2200系_JPG - コピー.jpg
2200系

DEL_15_京阪2400系_JPG - コピー.jpg
2400系
関西私鉄初の通勤冷房車、改修工事で前面のイメージが変わりました。

15_京阪2600系_01JPG.jpg
2600系 0番台
2000系の車体を流用した0番台、正面の車掌台側の窓が二段窓の改造初期車
吊り幌とこの正面窓、私が京阪電鉄の通勤形電車に持っているイメージそのものの車両です。

DEL_15_京阪2600系_03 - コピー.jpg
2600系 0番台
正面の車掌台側の窓が固定窓

DEL_15_京阪2600系_JPG - コピー.jpg
2600系 30番台
30番台は完全新造車

DEL_15_京阪5000系JPG - コピー.jpg
5000系
常識を覆した(?)、日本最初の5扉車、登場したときは驚きでした。
ホームドアの設置で間もなく姿を消す運命にあります。

----------

ここに紹介しなかった新型車両を含め、色々な電車を眺めることができて、とても楽しい時間を過ごせました。



鉄道 ブログランキングへ





京阪電車 (CAN)

京阪電車 (CAN)

  • 作者: 清水 祥史
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2017/08/26
  • メディア: 単行本



京阪電気鉄道完全データDVD BOOK (メディアックスMOOK)

京阪電気鉄道完全データDVD BOOK (メディアックスMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアックス
  • 発売日: 2013/08/28
  • メディア: 大型本


nice!(201)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 201

コメント 10

Take-Zee

こんにちは!
魅了される車両がいっぱいですね。
関東(三浦半島)で育ったので京阪は
ほとんど知りませんでした。
(ちょっぴり鉄爺なんですよ)
by Take-Zee (2019-08-30 16:14) 

芝浦鉄親父

Take-Zeeさま、こんばんは。
私も生まれ育ちが関東なので、6年前に大阪に来るまでは、関西私鉄を撮影したことは数えるくらいしかありませんでした。
写真の2200系は東京オリンピックが開催された1964年デビュー、今でも元気に走っているのは嬉しい限りです。
by 芝浦鉄親父 (2019-08-30 20:13) 

ゆきち

京阪電車は、子供の頃テレビカーに乗るのが嬉しかった思い出があります^^
今も時々利用しますがこんなにじっくり違いを探しながら車体を見つめたのは初めてかもしれません♪
ラッシュ時5扉、閑散時には3扉、すごい発想ですよね。2階建ての特急に特急料金なしで乗れるのも魅力でした。
by ゆきち (2019-08-30 21:23) 

青い森のヨッチン

私鉄王国関西の車両たちは本当に大切(大事)にされていますねぇ
まだまだ使えるものは使う、もったいない精神が息づいているんですね
by 青い森のヨッチン (2019-08-31 09:26) 

芝浦鉄親父

ゆきち様、おはようございます。
電車の違いに着目するのは「鉄」の入口への第一歩です(?)。
5扉車5000系のアイディア、本当にすごいと思います。
今回、8000系特急車両に初めて乗車しました。乗車したのはプレミアムカーではありませんでしたが、普通車両であっても、とても快適な空間、シートには驚きました。特別料金なしにこんなに快適なひとときが過ごせるのは、私鉄大国関西ならではかもしれません。
by 芝浦鉄親父 (2019-08-31 10:43) 

芝浦鉄親父

青い森のヨッチンさま、おはようございます。
最新の車両のほうが、消費電力が少なく省エネルギーですが、旧い車両を長く使うことも、資源を大切にすることに大きく貢献していると思います。
そして、沿線の利用者にとっては最新車両が嬉しいと思いますが、「鉄」にとっては旧い車両のほうが嬉しいのかも知れません。
by 芝浦鉄親父 (2019-08-31 10:49) 

hideta-o

京阪なら、やっぱり鳩のヘッドマークの京阪特急がお勧めです。関西人には、楠トシエさんの京阪特急の歌も懐かしい思い出です。ぜひ
by hideta-o (2019-08-31 14:47) 

an-kazu

座席が上に上がる車両もあったような・・・
関西は斬新ですね〜


by an-kazu (2019-08-31 15:26) 

芝浦鉄親父

hideta-oさま、こんばんは。
ご紹介いただいた、京阪特急の歌、YouTubeで聴きました。歌声、歌詞、伴奏に、昭和の良き時代が感じられて、とても味わい深いです。
関東人の私は、"赤い電車に白い帯~"、京浜急行の歌を思い出してしまいました。
今度、一度、京阪特急のプレミアムカーにも乗車してみたいです。
by 芝浦鉄親父 (2019-08-31 17:59) 

芝浦鉄親父

an-kazuさま、こんばんは。
閑散時に3扉で運用している5000系を5扉で運用するときに、閉鎖していた2つの扉に設置してる座席が、上方に収納されますね。すごいアイディアです。
京阪に続いて様々な多扉車が、JR東日本を含め各社で誕生しましたが、ホームドアの設置に伴い姿を消しました。そんな車両たちの写真をもっと撮っておけば良かったと、今になって思います。
by 芝浦鉄親父 (2019-08-31 18:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。