SSブログ

23年ぶりに(パート2) [つれづれ日記]

私が「SUZUKA Sound of ENGINE 2018」で、特に注目した4つのイベントについて記事、パート2です。

----------

【Group C デモンストレーション】

私が最も好きなレーシングカーはいわゆるスポーツプロトタイプカーなので、グループCは最も興味のあるカテゴリーです。定番(?)のポルシェ962C、ニッサンワークスのニッサンR90CK、ニッサンR91CP、ロータリーでルマンウィナーとなったマツダ787B、1992年・93年のルマンウィナーでNA3.5Lのプジョー905など、スポーツプロトタイプカー好きには堪えられないラインナップです。

DEL_15_ポルシェ962C_IMG_7419 - コピー.jpg
ポルシェ962C
JSPCで大活躍したアドバンカラーのマシンです。ロスマンズカラーのワークスマシンが1986年・87年のルマンを制しました。1981年から87年までポルシェはルマンで7連勝、表彰台の中央はポルシェの指定席でした。

DEL_15_シルビアターボC_IMG_7424 - コピー.jpg
マーチ83G/ニッサン(シルビア・ターボC)

DEL_15_ニッサンR86V_IMG_7422 - コピー.jpg
マーチ86G/ニッサン(ニッサンR86V)

DEL_15_ニッサンR90CK_IMG_7415 - コピー.jpg
ニッサンR90CK

DEL_15_ニッサンR91CP_IMG_7442 - コピー.jpg
ニッサンR91CP

ニッサンの歴代のグループCカーです。
当初、ニッサンのグループCカーのシャーシはマーチ製でしたが、1989年のニッサンR89Cからローラ製となり、1991年のニッサンR91CPからは国産となりました。

私はニッサンが本気で勝負を掛けた1990年のルマン24時間レースが思いだされます。ニッサンワークスは欧州チーム、米国チーム、日本チームの5台のワークスカー(R90CK :4台、R90CP :1台)をエントリー、1200馬力以上と言われた予選用エンジンを組み込んだ欧州チームのニッサンR90CKが圧倒的な速さでポールポジションを獲得、決勝への期待が高まりました。しかし、数々のトラブルに見舞われて、日本チーム(NISMO)のニッサンR90CPの5位が最高位という結果に終わりました。

ニッサンR91CPは1992年デイトナ24時間レースに長谷見昌弘さん/星野一義さん/鈴木利男さんの日本人トリオのドライブで優勝しました。デモンストレーションランでドライブしたのは長谷見昌弘さんでした。

DEL_15_マツダ787B_IMG_7428 - コピー.jpg
マツダ787B
最もグリッド上で多くの人に囲まれていたグループCカーでした。
1991年のルマン24時間レース、本命だったメルセデス、ジャガーのワークスチームを相手に優勝したときの衝撃というか驚きは忘れられません。私は当然(?)、メルセデスが優勝して、上位をメルセデスとジャガーが独占するものと思っていました。しかし、マツダ787Bは快走を続け、名門2大ワークスを退けてルマンの歴史にマツダの名が刻まれました。ロータリーエンジン車が参加できる最後のルマンで掴みとった栄冠でした。

テレビ中継を嫁さんと二人で観ていましたが、マツダ787Bがゴールしたときに私は「ロータリーがルマンに勝った・・・」とため息が出るようにつぶやいて、ついに国産車がルマンの頂点に立ったことが感無量で、そのあと言葉が出なかったことを憶えています。

イベントに参加していたのはルマン仕様ではなく、日本国内のグループCカーレースであるJSPC仕様のマシンです。デモンストレーションランでドライブしたのはミスタールマン寺田陽次郎さんでした。

DEL_15_プジョー905_IMG_7413 - コピー.jpg
プジョー905
ターボカー時代のグループCカーとは全く別のカテゴリのクルマと言っていいほど進化(?)している印象です。まさに、クローズドボディのF1といった感があります。

DEL_15_MCSグッピー_IMG_7427 - コピー.jpg
MCSグッピー
由良拓也さんのムーンクラフト社製のC2カテゴリーマシンです。

DEL_15_ベントレースピード8_IMG_7493 - コピー.jpg
ベントレー・スピード8
グループCカーではなくLMGTPクラスですが、パドックではこんなマシンも見ることができました。2003年のルマンを制しました。

----------

パート3に続きます。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


イグニッションモデル 1/43 ポルシェ 962C #17 1987 ルマン IG0505 完成品

イグニッションモデル 1/43 ポルシェ 962C #17 1987 ルマン IG0505 完成品

  • 出版社/メーカー: イグニッションモデル(ignitionmodel)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Qモデル 1/43 日産 R90CK 1990 ルマン24H #84 S.ミレン/M.ロウ/B.アール 完成品

Qモデル 1/43 日産 R90CK 1990 ルマン24H #84 S.ミレン/M.ロウ/B.アール 完成品

  • 出版社/メーカー: インターアライド
  • メディア: おもちゃ&ホビー






nice!(167)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 167

コメント 10

lequiche

どの車も美しいですね。
787とスピード8はミニカーを持っています。
衝動的に買ってしまいました。(^^;)
by lequiche (2018-11-23 15:03) 

芝浦鉄親父

lequicheさま、こんにちは。
おっしゃる通り、空気を味方につけて走る流麗なデザインのスポーツプロトタイプカーは、本当に美しいですね。見惚れてしまいます。
レーシングカーのミニカーも若干は集めてはいるのですが、財政面(?)から自重しています。。。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-23 15:26) 

newton

かなり昔ですが、ルマンで優勝した時のレーサー、寺田さんの話を聞く機会がありました。レース会場での食事が美味しかったと言うことは良く覚えています(笑)。

by newton (2018-11-23 16:08) 

hanamura

(最近の市販車に魅力を感じない私)妄想ですが、AIとやらに、サイズとか、空力とか、計算させたら、同じようなクルマが、各社から量産されるのか! この辺のプロトカーを見ていると、仕方ないのかと妙に納得しました。
by hanamura (2018-11-23 19:36) 

芝浦鉄親父

newtonさま、こんばんは。
横目でチラッと見ただけですが、寺田陽次郎さんのトークショーイベントもありました。ルマンに子供たちを招待する活動をやられていると話されていました。
ルマンでの美味しい食事、どんなフランス料理だったのか、とても興味深いです。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-23 20:29) 

芝浦鉄親父

hanamuraさま、こんばんは。
確かに最近の市販車、デザインのグローバル化が進んだのかもしれませんが、似たようなクルマがとても多くなりましたね。
内燃機関搭載のクルマが終焉を迎えるとき、クルマのデザインはさらに画一化が進むようにも思います。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-23 20:40) 

caterham_7

787Bは好きな車でして、
この前たまたま本屋さんへ行ったら、週間なんとかで
787Bのミニカーが売っていたので、つい買ってしまいました。
ルマン優勝当時ロータリーエンジン付きの車に乗っていたので
大興奮でした。
by caterham_7 (2018-11-25 14:26) 

芝浦鉄親父

caterham_7さま、こんにちは。
マツダがメルセデス、ジャガーの2大ワークスチームを真っ向勝負で打ち破ってのルマン優勝、本当に大興奮でしたね。
残念ながらロータリーエンジン車には乗ったことがないです。中学生時代、サバンナRX-3は憧れのクルマの1台でした。
もしも、RX-7が復活したら、考えるのですが・・・
by 芝浦鉄親父 (2018-11-25 15:56) 

四季彩

埼玉県在住の四季彩です。東武東上線志木駅の近くに住んでいます。
車のレースというと、元F1レーサーの鈴木亜久里さんが僕の出身高校の先輩に当たります。同時に在学していたわけではないんですけどね。
本当ば鈴木先輩゙と呼ばなければならないのでしょう。
鈴木亜久里さんも鈴鹿を走ったのでしょう。
by 四季彩 (2018-11-27 17:44) 

芝浦鉄親父

四季彩さま、こんばんは。
アラン・プロストとアイルトン・セナがスタート直後の第1コーナーで接触してコースアウト、リタイアという波乱の幕開けになった1990年日本グランプリ決勝、鈴木亜久里さんが3位に入賞して、F1グランプリで日本人初の表彰台に上りました。
それから28年も経ちましたが、表彰台、シャンパンファイトで鈴木亜久里さんが見せた笑顔が、今でも思い出されます。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-27 21:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。